新築一戸建てはロマンが詰まっている【夢を叶えるための法則】

不動産

費用対効果の高いエリア

建蔽率が大きいと効率的

業者

西東京市は一戸建てが多く建ち並ぶ閑静な住宅地が多く存在します。そして西東京市では第1種低層住居専用地域の中でも建蔽率40%、容積率80%という土地と建蔽率50%、容積率100%という土地が大半を占めています。どちらも平屋か2階建ての一戸建てを建てるのに適したいて、よほど広い土地を購入するだけの予算がある場合を除けば2階建てを建てることが前提となる土地です。一方で、この2つの条件の土地は、求める延べ床面積を決めた上で注文建築で一戸建てを建てようとする際に、必要となる土地の面積に差が出てくるのです。仮に延べ床面積30坪の一戸建てを建てようとする場合、建蔽率50%の土地であれば必要な面積は30坪ですが建蔽率が40%の土地の場合は必要な面積が37.5坪となります。この7.5坪の違いは土地の購入金額に換算すれば決して少なくはない購入金額の差になってしまうのです。ですので、より割安に求める延べ床面積の一戸建てを建てたいのであれば、西東京市では建蔽率50%、容積率100%の物件を探すべきなのです。

周辺より相場の低いエリア

西東京市は東に隣接する練馬区や南に隣接する武蔵野市と比べると地価相場が割安になります。それでいて池袋や新宿といったターミナル駅を始発とする鉄道が西東京市内を東西に通っていますので、練馬区内から池袋や新宿に行く場合と比べて電車に乗る時間の差はほとんどありません。また、西東京市は市内を東西に走る2つの鉄道を横切り、南北に走るバス網も充実しています。そしてそのバスは武蔵野市などにまで伸びていますので、交通アクセスが整っているという特徴があります。従って近隣で地価の高い練馬区や武蔵野市と比べて都心へのアクセスをはじめとした交通の利便性がそれほど大きくは劣らないにもかかわらず、地価は割安になるという費用対効果の高い住環境を確保できるのが西東京市の特徴なのです。